vio脱毛の形は画像で決めるべきではない?

vio脱毛をするときに、気を付けることがあります。それは、どのようなデザインにするかという問題です。ワキや腕などは、ムダ毛を1本も残らないことを目標に施術を行いますが、vioの場合は全ての毛をなくさないケースが多いからです。なぜかというと、日本ではアンダーヘアを毛のない状態にすることに抵抗を感じる人が多いからです。温泉やスパに入る際に、アンダーヘアがないことを恥ずかしく感じることもあるでしょう。そのため、人から見えないIラインとOラインの毛は全て施術を行っても、Vラインだけは毛を残すという選択をします。
この脱毛をするときは、できれば施術を受ける前にどのような形にするのかを決めておきましょう。ただ、画像だけを見ていると、なかなかイメージがわかないというのが現実です。そこで、脱毛をする前のカウンセリングのときにスタッフに相談しましょう。スタッフによっては、テンプレートを用意して、体に当てて視覚的に分かりやすいデザインにしてくれるところもあります。vio脱毛をする場合のVラインのデザインは、小さめの逆三角形や卵型が主流です。元々毛が薄い人のような、自然なデザインにすることが多いです。しかし、指1本分の長方形や、星型、ハート型などデザインは様々に用意されています。全身脱毛効果がある反面、一度施術してしまうと、そこからは毛が生えなくなってしまうので、施術の前に決めるのが鉄則です。分からなくなったらスタッフに相談しましょう。